かゆみの原因抑える抗プラスミン薬とアレグラは併用可

アレグラはアレルギー性疾患治療剤のフェキソフェナジンの商品名です。アレルギー性鼻炎や湿疹、蕁麻疹等に処方されます。アレルギーの発症に関わっている体内物質のヒスタミンの受容体の働きを抑えアレルギー症状を緩和していきます。アレルギーの原因を治す治療薬ではなく対症療法薬です。クラリチン・ジルテック・アレジオン等と同じ抗ヒスタミン薬ですが抗ヒスタミン剤の中でも比較的眠気が起こりにくい薬です。アレグラの特徴としては第二世代のヒスタミンH1拮抗薬でヒスタミン受容体に対しての選択性が高いため余計な作用が弱く第一世代の副作用である排尿障害等が起こりにくいといわれています。速効性も高く持続時間も長い方です。主な副作用として頭痛・めまい・吐き気・胃腸炎等があります。呼吸困難、ショック症状や発熱が出た場合にはすぐに医師の治療を受ける事が必要です。抗アレルギー薬にはアレグラのような抗ヒスタミン薬の他にも抗プラスミン薬、抗ロイコトリエン薬等があります。プラスミン は皮膚のタンパク質を分解する酵素で紫外線等の刺激で過剰に働くと肌荒れを起こしかゆみの原因になったり炎症を起こしたりします。そのプラスミンの働きを抑える抗プラスミン薬にはトランサミンやトランジーノ等があります。トラネキサム酸が配合されておりメラニンを作り出す情報伝達物質を抑制するためシミや美白効果があるといわれています。トランサミンは安全性が高く希に食欲不振や吐き気があることもありますが副作用はほとんどありません。止血作用があるため別の止血薬のトロンビンとの併用はできません。抗ヒスタミン薬との併用はできるので炎症を伴うようなアレルギー疾患等の場合アレグラとトランサミンを同時に処方される事もあります。

花粉が気になり始めたらアレグラを使って症状を改善しましょう。アレグラはヒスタミンと受容体の結合を防ぐことによって、アレルギー症状を抑えることができます。辛いアレルギーが出たらアレグラで改善してみましょう。

アレグラ180mg