アレグラの通年性アレルギーへの効果とジュース服用

アレルギー性鼻炎は、スギやイネ科の植物による季節に応じた花粉を飛ばすことで起きる季節性アレルギー性鼻炎と、ダニやハウスダストの様な季節を問わずアレルギー反応を起こす通年性アレルギー性鼻炎に分かれます。ダニの繁殖を防ぐために、カーペットをなくしフローリングにしたり、こまめに掃除をしても身の回りには布をなくす生活は実際には難しいので、通年性アレルギー性鼻炎を持つ人にとっては鼻炎薬は手放せない存在かもしれません。そしてアレグラは両方のアレルギー性鼻炎の症状に効果がある強い味方と言えます。医療用と同じ成分で同じ量を配合されていながら、処方箋なしに薬剤師のいる薬局等で買うことが出来ます。他のアレグラの特徴として眠くなりにくいことが挙げられます。鼻炎薬を飲むと眠くなるので服用をしたくないと思っている人もいるかと思いますが、試しにアレグラを服用してみるのも良いかもしれません。人からの判断よりも自分の体験で判断してみて下さい。
薬は水と一緒に飲むことを推奨されています。それはアレグラも例外ではありません。しかし近くに果汁ジュースしかなかったのでジュースで飲んだ、というのは避けて下さい。というのもジュースの成分が小腸に働きかけ、薬の吸収量を変えてしまう場合があります。特にグレープフルーツジュースは効果を半分程度まで減少させるという報告もあるので、グレープフルーツを使ったジャムの様な製品と一緒にアレグラを服用することも避けることが望ましいと考えられます。副作用を強めたりするわけではないのですが、効き目そのものに影響が出てしまうので、季節性だけでなく通年性アレルギー性鼻炎に悩む人にとって効果が弱まることは非常に困る影響と言えるでしょう。

花粉が気になり始めたらアレグラを使って症状を改善しましょう。アレグラはヒスタミンと受容体の結合を防ぐことによって、アレルギー症状を抑えることができます。辛いアレルギーが出たらアレグラで改善してみましょう。

アレグラ180mg